2019年08月11日

実はよくある「過去にとらわれる」ということ


こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に

・アカシックリーダー
・スピリチュアルセラピスト
・自分のあり方ナビゲーター

として活動しておりまして、
(スカイプやZoomでのセッションや
 全国への出張も承っております^^)

特に、

「自分自身を見つめること(自己認識)」
「在り方(ありかた)」

へのサポートが大好きです♪


そして、さて^^ 今回は、先日の
阿南に出張してのアカシックリーディングが
キッカケで感じた

実はよくある「過去にとらわれる」こと

ことについてスピリチュアルヒントをお届けします。


◇今を生きづらいのは過去にとらわれているからかも?


先日、アカシックリーディングで
徳島県阿南市に出張しました。

下の写真は帰りに寄り道した
あいさい広場からの眺めです♪

あいさい広場から.jpg

眺めがよいところで見渡すことの良さ。
これは物理的にもありますし、
精神的−つまり「意識」においても、あります。

高い視点・広い視野で全体を見渡すことって
気づきや変容のプラスになりますので^^


さて、「過去にとらわれる」ということ。

これ、実は、よくあることだったりします。

(そのために今を生きられない、
 ということもあるあるです。)


とらわれ方を2種類あげてみると。


ひとつは、過去の出来事を、
何度もグルグル思ったり考えたり
思考を過去にばかり使うとらわれ方。

過去に思考を通じてエネルギーが注がれて
今が置き去りになってるイメージです。


もうひとつは、過去の未完了の感情をもとに
今の判断や選択をしてしまうとらわれ方。

単純な例を挙げてみると、
昔このタイプのことで嫌な思いをしたから
もうしない、また嫌な思いをしそう、
みたいな感じの反射反応です。

いわば過去の気持ちで今の選択をしてる。
こちらは、無意識レベルで起こっていたり
複数の感情体験が絡んで複雑化したりで
本人には自覚がないことも多いです。


こうした過去へのとらわれがあるとき、
人はニュートラルな意識ではないので
自分自身や自分の状況を
ありのままに認識することができず、
今の生きづらさへとつながっていきます。


クライアントさんのご質問に応じて
そのあたり―過去へのとらわれがあるか?
あるならどうすればほどきやすいか?
を読んでお伝えすることもあります。

(そして、そうした情報を知ることが、
 クライアントさんの内面を動かし
 必要な変化へ向かうキッカケに)

(さらに変容を加速したい方には
 方法もあります。)

誰にも共通する自分でできることとしては、
まずは「過去にとらわれる」ということがあるんだ、
と知って認識すること、
そして、自分のなかにもその部分がないかな?
と問いかけ気づいていくこと、
が挙げられます。

「過去のとらわれがある」と認識していてはじめて
それを手放すことができますから、
まずは、気づくこと、が大切です。

上に挙げたような過去へのとらわれ、
あなたの中にありませんか?^^


アカシックリーディングってどんな感じ?
どんなふうに質問すればいいの?
と聞かれることがあるので
参考になるかな〜?
イメージ深まるかな〜?
あと、過去から自由になるヒントになれば
と書いてみました^^


ご参考になれば幸いです^^



お一人おひとりにあわせた
具体的なアドバイスやサポートを
個人セッションやスピリチュアル勉強会で
お届けしています、お気軽にご活用ください♪

初めての方やメニューを迷う方には、まずは
アカシックリーディング」がオススメです。
(スピリチュアルカウンセリングとしてのご利用もOK)

深い自己認識により自分の本質に目覚め
「自分のあり方」を変容させる

Webサイトでほかのメニューもご覧いただけます

このブログの更新お知らせメール登録は

LINE@をお友達登録いただくと

・お誕生月に使える割引クーポン
・クーポンをゲットできるポイントカード

のお得なサービスや
毎月のスピリチュアルメッセージ、
ヒーリングルーム中今のお知らせを受け取れます♪

セッションやWSのご予約もLINEでOK♪
ぜひお友達になってくださいね^^

友だち追加
上のボタンクリックでうまくいかない場合や
パソコンでご覧くださっている場合は
LINEでID「@pzs2490m」を検索してみてください^^

日本の神さまや神社の情報発信もしています☆
 
posted by Mariko at 17:48| Comment(0) | 自分自身を生きるヒント