2017年04月24日

努力はパターンの外でする

「下手に出たらダメですよ〜^^」

セッションのなかでそんなことをお伝えすることもあります。

「下手に出る」って、「どうぞなめてください」と自らを差し出している感じ。
自分が下に置かれることを自ら許していることなんです。

相手を尊重することや礼儀正しくあることは大切です。

でも、バランスも大切。

自分を下に置かずに、相手も自分も尊重して礼儀正しくあることはできます。


ただ、つい下手に出てしまう人って、自分が下手に出ていると気づいていないことが多いのです。

それで、自分ってなんか軽く扱われることが多いような気がする・・・、と密かにモヤリとしていたりして。

そして、より丁寧に下手に出るという努力をしてしまったりもする。

自分がはまっているパターンに気づいていないうちは、
パターンの内側での努力になりがちなのです。

すると、努力は空回りします。


努力は、パターンの外でする。

例えば、自分を下に置かずに相手も自分も尊重して礼儀正しくあるための努力をする。

すると前進につながります。


 ・ ・ ・


アカシックリーディングセッションのメリットの一つに
今の自分を超えた視点や視野を得られる」ということがあります。
パターンに気づいたり変えたりするヒントになることも。
ご関心ある方はチェックしてみてください^^


地球や宇宙の図書館とも呼ばれるアカシックレコードからあなたが必要とする情報を受け取りお伝えします。

人生の目的、人間関係、仕事、望みを現実化するヒント、パターンや課題の解消、などについてご質問をいただくことが多いです。


「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています


個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ♪

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪

posted by Mariko at 11:58| Comment(0) | 自分自身を生きるヒント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: