2017年07月24日

「自分のことを客観的に見える」

こんにちは、ヒーリングルーム中今の秋野真理子です^^

イチオシメニュー「気づき塾 基礎コース」をいま受けていらっしゃる方にどんな体験をされているか?お話しをうかがいました。

「気づき塾 基礎コース」のキモは、自分をとことん知って解放していくこと、そのうえで「大いなる自己」「本当の自分」とつながり生きることに踏み出していくこと、なのですが、こうした表現って、体験したことがない方には抽象的に感じられる場合もあると思うのです^^;

その点、実際に体験している方のお話しは、理屈を超えてリアルに感じられると思いますので、ぜひご覧いただけたらうれしいです*^^*

「気づき塾 基礎コース」にご関心がある方はもちろん、自己認識や自己探求など自分自身をとことん知りた方にも、ご参考になれば幸いです♪

 ・ ・ ・

(全7回の「気づき塾 基礎コース」も中ほどまで進みましたが、どんな感じですか?)

自分のジャッジの癖に気づきました。
常にジャッジをしていて、1日の終わりにはクタクタになっているのに気づきました。
疲れているのは知っていたけれど、それがジャッジをしているせいだとは気づいていなかった。

(気づき塾を始める前は・・・?)

ジャッジのことには気づいていませんでした。
気づき塾が始まって初めて気づきました。
気づき塾の課題でリストづくりをしても自己観察をしても疲れる。
なぜだろうと考えてみるとそれをしながら自分をジャッジしていたからだった。
あまりに疲れるし苦しいので、(これまで見ないできたことは)何も考えない方がいいんじゃないか、と思ったこともありました。


(なるほど(笑) 今はどんなふうに思っていますか?)

バランスかな、と思うようになりました。

(バランス、そうですよね、これまでバランスについて考えたことは?)

いえ、なかったです。
自分にとっては新しい視点です。

(気づき塾の体験は役に立っていますか?)

気づき塾で向き合っていることと関連する本を読む流れになるなど、今はこれをするのでいいんだな、と感じています。
(※自分を深く知ったり、葛藤の仕組みを知って解放したり、といったこと)

(これまでの気づき塾で良い点があれば教えてください。)

自分のことを客観的に見える点です。
そのための課題があったり、アドバイスをもらえたり。
自分の偏りを自覚することができます。

「わけが分からず苦しい」が「わけが分かって苦しい」に変わってきました(笑)
苦しさは、今の時点では、ちょっと減っています(笑)

 ・ ・ ・

お話し、ありがとうございました^人^
一山超えた感があり、よかったです!
コースの残りもよろしくお願いします、ご自分自身を知ることにお供させていただけることとても光栄です☆


今回のうかがったお話しにもあるように、自分自身を深く見つめるプロセスでは迷いや苦しさが出てくることもあります。(程度の個人差はありますし、必ずそうなるとこも限りませんが。)
大きな視点を持って継続して取り組むことがそんなときには大切で、そこのところもコースでサポートしています。

どんな理由で「気づき塾 基礎コース」に参加するか?
これは人それぞれ個人差があるところで、ご関心があればなんでもOKであり^^
そのひとつとして、地球で魂が転生を重ねる旅のどこかのポイントで、今の生活の表面がただ平穏であればいいというレベルを越えて、自分自身を深く知りたい、すべてを統合していきたい、と望むタイミングがやってくる、ということがあるなと感じています。顕在意識ではハッキリとそう分からなくても、何か深いところから湧いてくる思いとして。
そこをサポートさせていただきたいなと思っています^^



「気づき塾 基礎コース」は「より大いなる自己や視点とつながり自分本来の可能性を最大限生かす」ためのコースです★

▼コース内容の詳細はこちらをご覧ください

▼モニター受付中、2017年9月お申込はこちらの価格になります
▼無料説明会、お1人さまのお申込で随時開催中です
気になる方はお気軽にご連絡ください、お待ちしております*^^*




「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
本当に変わりたいあなたのお手伝いをしています

個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪
 
posted by Mariko at 20:00| Comment(0) | 気づき塾 基礎コース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: