2017年08月01日

感情を観察する

高層庭園と遠景.jpg

感情は感情、単なるエネルギー。
感情に良い・悪いはなくて、
純粋に味わえば自然に消えていきます^^
 
純粋に味わうのをジャマする代表格は・・・
ジャッジです☆ 例えば、
怒ってる自分が悪い、怒りの気持ちが悪い、
悲しむ自分はダメ、悲しむ気持ちは悪い、
これってジャッジですよね^^
ジャッジすると純粋に味わえないので、
いつまでも感情が消えずに残ります。
  
純粋に味わえば消える。
そうでなければ残る。
抑圧であれ(感じないようにする)、
否認であれ(感じていないことにする)、
ジャッジしながらの味わいであれ。
  
何十年たったとしても、味わいきれていない感情が時効だからと自動的に消えてくれることはなく、自分の中に降り積もりたまっていきます。
転生を超えても、味わいきれていないと降り積もりたまります。
(自覚できなくても潜在意識に。)
  
例えば、怒りっぽい人って、今日の出来事に、この何十年分の似たタイプの出来事で感じた怒りをまとめて感じていたりする。
そして、あまりにもそのエネルギーが大きいので圧倒されてしまって純粋に味わうことが難しかったりも。
  
そんなときは、心やスピの専門家のセッションやワークショップを活用するのももちろん名案ですが^^
自分自身でできることもあります☆
 
まず自分で感情を観察してみてください☆
「自分は今こういう感情を感じているな」
ということに気づき続けていること。
  
そのうえで、次の視点も取り入れてみる☆
自分が今感じている感情は、
・今の体験から純粋に湧いてきている感情?
・自分の思考がつくりだしている感情?
どちらでしょうか?
  
自分の思考で感情をつくりだしている・・・
これ、実はとても多いです。
いくら感情は味わえば消えるといっても、
グルグル思考で次から次へと生産していると
味わうのも大変すぎてキリがないです。
  
(つまり、実は感情の問題のも思考が関係してくるわけで、自分が何を考えているどんな存在なのかを知ることって本当に大切です!)
(このアタリの自己認識にガッツリ取り組みたい方は「気づき塾 基礎コース」がオススメです、下のリンク先からどうぞ☆)
  
なので、今のこの感情は
・今の体験から純粋に湧いてきている感情?
・自分の思考がつくりだしている感情?
どちらかを観察してみる☆
 
まずは観察して気づくこと、見分けること、
そして、
  
純粋に湧いてきている感情なら
シンプルに純粋に味わう。
(こちらは自然に消えていきやすいです)
  
思考がつくりだしている感情なら
どんな思考が元かを観察する。
  
純粋に充分に観察するうちに、
感情も、その製造元の思考も、
ほどけやすく変わりやすくなります。
(自分に合った方法や技法にもめぐり合いやすくなりますし、専門家のセッションやワークショップの効き目も大きく=ご自身の受け取れる容量が増え、ます^^)
  
「観察の力」ってすごいです。
お鍋にこびりついた頑固な汚れを水につけておくとだんだんフヤケテきて、あるときガサッと小さい力で簡単にとれたりすること、ありますよね。
あのイメージが近いかな?と思います。
ジワジワ効いてすごいです^^




自分を深く知るための「気づき塾 基礎コース」。
自己認識と葛藤の解放によって「より大いなる自己や視点とつながり自分本来の可能性を最大限生かす」コースです★

▼コース内容の詳細はこちらをご覧ください

▼モニター受付中、2017年9月お申込はこちらの価格になります
 
▼無料説明会、お1人さまのお申込で随時開催中です
気になる方はお気軽にご連絡ください、お待ちしております*^^*




「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
本当に変わりたいあなたのお手伝いをしています

個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪

posted by Mariko at 20:11| Comment(0) | 自分自身を生きるヒント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: