2017年08月06日

『子どもの気持ちがわかると子育ては、もっと楽しい』

こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

今日は久しぶりに本の紹介で、子育ての本をとりあげてみます♪

スピリチュアルなセッションを提供している私がなぜ子育ての本を紹介するのか?
それは・・・

セッションで子育てのご質問やご相談をいただくことがよくあります。
本質的な回答自体は、リーディングをするとシンプルに分かりお伝えできることが多いです。

ただ、その答えを日常生活に落としこんでいくには応用力や知恵が必要になることもまた、多いです。
そして、そのあたりが、得意だったり工夫したりで自然にできる方もいらっしゃいますが、なかなか難しいな〜と感じたり試行錯誤が続いたりする方もまた多いです。

それはそうですよね、だってみんな、子育ての方法を教わらずにしてるんですよ、それは悩んでも自然ですよね。
それに、子供の個性も家庭の状況もそれぞれに異なりますから、本当に応用力が試されるところですし。

そのあたりのサポートの一つになればな・・・と思ってのご紹介です^^



著者の佐々木正美さんは1935年生まれの児童精神科医の男性で、一般向けにも発達障害向けにも子育ての本をたくさん出されています。

長年活躍されて評判も高い方と耳にしたのがキッカケで今回ご紹介している一冊を読んでみました。


・・・と、書くためにお名前でネット検索して初めて知ったのですが、なんと今年6月に亡くなられていたのですね、存じ上げませんでした。ご冥福をお祈りいたします。
残してくださった著作をはじめとしたご尽力に感謝いたします。


私がこの一冊読んで、みなさんにご紹介しよう、と思ったのは、私の子供の頃の気持ちがたくさん書かれていたからです。
まさにこんなふうな気持ちでいたな、もしあの頃にこれを分かってくれる大人が周りにいたらどんなにうれしかっただろう、ということのオンパレードだったからです。

<divそして、テーマごとに大人へのアドバイスも書かれていて、あぁ、確かにこうしてほしかった、と思う内容だったからです
(大人へのアドバイスは、お母さん向け・園や学校で働く人向け、に分けて書かれています。)

読みながら、この本が役立つお母さんに紹介したいなと思いつつ、自分自身のインナーチャイルドが癒されていく面もありました(笑)

つまり、万人に向いているかは分かりませんが、実感として確かにそうだな〜と思うところが多々あっての紹介です^^


(なお、時々、「昔の家庭や社会はこうではなかった・・・」的な記述がありましたが、うーん、この点については、そうかもなと思うものもあれば、個人差があるんじゃないかなと思うものあり、といったふうに個人的には感じました。)


<上の画像や書名のリンクから(Amazonへのリンクです)目次なレビューをご覧いただけますので、チェックしてみて気になる方はぜひご覧になってみてください。

佐々木正美さんはとてもたくさんの著作がおありですので、この本以外にピンとくるものがあればそれもいいかと思います。

ブログが残されていますので、こちらもご参考にリンクしておきますね。


必要な方に届けば幸いです*^^*



「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています


個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ♪

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪

posted by Mariko at 23:12| Comment(0) | 本(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: