2018年02月17日

いまだ人生のブロックになっていたことにビックリしました −アカシックご感想


自分を信じる.jpg

こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に

・アカシックリーダー
・スピリチュアルセラピスト
・日本の神さまナビゲーター

として活動しておりまして、
(全国への出張も承っております^^)

特に、

「自分自身を見つめること(自己認識)」
「在り方(ありかた)」

へのサポートが大好きです♪


さて、今回は、
先月1月にスカイプ(ビデオ通話)で
アカシックリーディングを受けられた方からの
2通のメールをご紹介します。

どうぞご覧ください^^

※許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。


-------


◆Bさん(大阪府) 1通目◆


先日はアカシックレコードリーディングを
ありがとうございました。


父が未だ、私の人生のブロックになっていたことに
びっくりしました。

母親ばかりにフォーカスしていたので意外でした。
本当にわかりそうなものなのに意外、
という感じでした。


父は3歳の時に実母を病気で亡くし
後妻さんが来たそうです。

その継母も病気でなくなり
次の継母が来てその方も病死しています。

父の子供の頃の写真の目つきが
あまりにも捻くれた感じだったので、
実家の母に聞いたら、
継母にご飯を食べさせてもらえなかったことが
あったそうです。


実情はわからないですが、
愛されなかった悲しさ、くやしさ、淋しさが
顔に顔つきになって現れていたんですね。

その父もそして母も、
私はこれまでわからなかったですが、
いまならわかります、
とても幼い精神年齢だったなあということ。

幼い、幼稚。

それが自分にも受け継がれているということ。


いまの職場で、
きつい言い方をされる、大事にされない感じ、
必死で自分の苦手なことをやり遂げようとするも
ミスばかり。

収入得ないといけないので行くけれども
心は虚しいばかり。

できれば今すぐ辞めたい。

なのに今までだったらすぐ辞めていたのに
今の私はそれすらできない。

なにが起こっているんだろう。


真理子さんのアカシックで
ハッと気づかされました。

自分の子供の頃の世界が職場で再現されていると。

自分ではどうにもできない世界にいる、
あきらめるしかない、
でも自分の心の中は虚しくて苦しくて
無力感でいっぱいで、全然楽しくない。
自分が自分でない感じがとてもつらい。

まさしく子供の頃の家庭環境の再現だ。

職場で自分は起こしている。


自分が自分を大切にしないと
人からも大切にされない。

人ではなく自分が自分を苦しめる状況を引き寄せ
更に痛めるような出来事を自分が呼び寄せている。

確かに不要な信念が私にはあります。

真理子さんが仰っていた
「お金は苦しんで稼ぐもの」
(という信念を持っていますね、ということ)。

自分でも
「自己犠牲してでも苦労しないと収入は得られない」
と思っている節があります。


思えば通勤も買い物ルートでさえ
自分にはどちらかというと「しんどい」思いを
していることに
今回のアカシックで気づかされました。


アカシックレコードリーディングに
思わず申し込んだほど
きっといまの自分の状況が
切羽詰まったところにあったんだと思います。


がしかし、肝心のアカシックで
私は何を一番に聞けばいいんだろう?と、
申し込んだ後、ずっと悩んでいました。


で結局あのような質問になったのですが、
人生の根本的な問題が
根深く根を張ったまま引き抜けずにいて、
年齢を重ねた今こそ重く噴出してきて
人生立ち行かなくなっていたんですね。


お礼が遅くなり失礼致しました。

この度は本当に大事なことをお聞かせくださり
ありがとうございました。


-------


Bさん、メールをありがとうございました。

真摯にご自身に向き合われる姿勢に
リスペクトです。

お父さまとの関係性は盲点になっていたとのこと。

今回のアカシックリーディングがきっかけとなって解けていきますように。


ご感想の掲載をお願したところ
ご快諾をいただき感謝申し上げます^人^

そして、
ご快諾を伝えくださったメールのなかからも一部、
あらためてお許しいただきまして
続いてシェアさせていただきます。


-------


◆Bさん(大阪府) 2通目◆


その後もずっと父とのことを思い返しています。

自分を恥ずかしく思う気持ち、恥辱感が、
過去を遡っても全然思い当たらなかったのですが

「父との関係性」が浮上したことで、
父の私に投げつけた言葉の数々が
私自身をことごとく辱しめるニュアンスを持った
言葉であったことが次々と思い出され、

脳が父を枠から外しているうちは
全くもって思い出せなかったのに
正直びっくりしています。


セッションでもそうでしたが、
母とのことはもう涙も出なくなっていたのに
父のこれまでの言葉を思い出すと涙が出ます。

自分では、
これは何でもないことなんだ、
と言い含めてきたのであって、
一旦外側からこれは問題だったんだよ、
と気づかされると辛く思っていいんだ、
と今更ながら泣けてきます。

自分の感じたことにいつも自信がなく、
対人関係でも感じたままに表現できなくて
とても生きづらさを感じていました。


-------


お父さまのこと、
潜在意識の扉が開いたのでしょうね。

幼い頃の辛さに蓋をするように閉じていた扉を
開く時がきたのだと思います。

おっしゃるように、人には、
「何でもないことなんだ」「平気だ」など、
自分に言い含めることでなんとか生きていく、
そんな時期もあるものです。

しかし、
そうして扉の奥深くに沈めたとしても、
無くなるわけではなく。

いつか、
再び扉を開いて向き合うときがやってきます。


潜在意識のなかに−
無意識下に沈んでいたものが意識化されると、
どう認識すればいいか、
感情をどうすればいいか、
など、戸惑いを感じることもあるものです。

戸惑いつつもしっかりと向き合われる姿勢を
本当に素晴らしいと感じます。

これまでも取り組んでこられたことが
活かされているのではないでしょうか。


このたびはリーディングさせていただき、
こちらこそありがとうございました!

自分に優しく、進んでいかれてくださいね^^


 ・ ・ ・


その程度や状況は人それぞれですが、
「今の自分」の「生きづらさ」の根っこは、
「過去」、特に「幼少期」にあることが
ほとんどです。

困ってはいないけれど開いてもいかない感じや
「制限」「ブロック」についても同様です。

(胎児の頃や過去世の影響がある場合も
 あります。)

ここに向き合い取り組むことは
簡単なことではありません。
いろいろな難しさがありますが、なかでも、

・幼い頃の未完了の感情を見つめる辛さ

・自分では当たり前すぎたり
 無意識下になっていたりで
 盲点になっている

ことは大きい要素です。

アカシックリーディングは
このあたりをときほぐすサポートになることも、
あります^^




ヒーリングルーム中今の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています。

深い自己認識により自分の本質に目覚め
「自分のあり方」を変容させる

をはじめ、さまざまなスピリチュアルメニューを
お届けしています。

初めての方やメニューを迷う方には、まずは
アカシックリーディング」がオススメです☆
(スピリチュアルカウンセリングとしてもご利用OK)

Webサイトでほかのメニューもご覧いただけます☆

このブログの更新お知らせメール登録は☆

LINE@をお友達登録いただくと
・お誕生月に使える割引クーポン
・クーポンをゲットできるポイントカード
のお得なサービスや
毎月のスピリチュアルメッセージ、
ヒーリングルーム中今のお知らせを受け取れます♪
セッションやWSのご予約もLINEでOK♪
ぜひお友達になってくださいね^^
友だち追加
上のボタンクリックでうまくいかない場合や
パソコンでご覧くださっている場合は
LINEでID「@pzs2490m」を検索してみてください^^

日本の神さまや神社の情報発信もしています☆

posted by Mariko at 20:55| Comment(0) | アカシックご感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: