2019年02月08日

被害者意識が引き寄せるものは?


恭子さん20190208.jpg
−某珈琲店でアカシックリーディング♪−


こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に

・アカシックリーダー
・スピリチュアルセラピスト
・自分のあり方ナビゲーター

として活動しておりまして、
(スカイプでのセッションや
全国への出張も承っております^^)

特に、

「自分自身を見つめること(自己認識)」
「在り方(ありかた)」

へのサポートが大好きで・・・


今日も、阿南市まで
アカシックリーディングに行ってきました♪

ご縁をいただき深い時間をご一緒させていただけること、本当にありがたく感謝です^人^


さて、今日のスピリチュアルヒントは

被害者意識

についてです、どうぞご覧ください^^


◇「被害者意識」という甘いワナ


もし、あなたが、

いつも、
自分はひどい目にあう、
損をすることが多い、
割りをくうことが多い、
被害者だ、

などの思いでいるならば・・・

その「被害者意識」は手放したほうがいいです。

いつも不平不満が多い人や
いつも我慢してばかりと感じている人なんかも
同様です。

(「いつも」っていうところがポイント^^)


被害者意識って、どいうものなのか?
なぜ手放したほうがいいのか?

かーなり深いテーマのため、
1ブログ記事で網羅して書くのは難しく・・・

今回は、サクッ!と、

「被害者意識を手放したほうがいい理由の1つ」と

「被害者意識を手放せないよくある理由の1つ」を

ザクザクッ!と、紹介しますね^^


被害者意識を手放したほうがいい理由の1つ。

あなたが被害者の意識でいると、
被害や加害者を引き寄せるからです。

(実際の事象や人物を引き寄せたり、
さらにそれらを被害者意識でとらえたり。)

(あなたの意識があなたの現実をつくっています。)

あなたは
「実際に被害にあっているんです、
 だから被害者なんです」
と言うかもしれませんが、

実際には、
あなたが自分を被害者と思っているその意識が、
被害や加害者を引き寄せているのです。

あなたの人生がいつもそうなのは、
あなたがその仕組みのなかで生きているからです。

(たまたま1回だけとかなら別かもですが^^)


被害者意識を手放したほうがいい理由は
ほかにもいろいろありますが、
もうこの1つで充分なインパクトではないでしょうか?^^


そして、
被害者意識を手放せないよくある理由の1つ。

これ、大事ですので、注意深く読んでください。

自分が正しいと思えるから。酔えるから。です。

いつも被害者のかわいそうな私・・・
そんな自己憐憫の思いとセットになっていることも多いです。


これ、もう、甘いワナなんですよね。

ひどい目にあっているカワイソウな私・・・
と思いながら、
なにやら気持ちいい、
悲劇のヒロイン、
酔っている・・・

ここにはまっている間は、永遠に変わらないです。

自分も、人生も。

人のせいにして、自分は被害者。

なんて甘いゲームでしょうか。


目を覚まそう^^


今回はザックリ版のスピリチュアルヒントでした♪

ザックリだけど、実は、かーなり深いですよ〜。


あとちょっとで何か気づきそうにモヤッとする方は
アカシックリーディングがオススメです。

正面から自分を見つめて被害者意識を手放したい!
サポートがほしい!方へのオススメは気づき塾。

両方、下の案内からチェックしてみてください^^


お一人おひとりにあわせた
具体的なアドバイスやサポートを
個人セッションやスピリチュアル勉強会で
お届けしています、お気軽にご活用ください♪

初めての方やメニューを迷う方には、まずは
アカシックリーディング」がオススメです。
(スピリチュアルカウンセリングとしてのご利用もOK)

深い自己認識により自分の本質に目覚め
「自分のあり方」を変容させる

Webサイトでほかのメニューもご覧いただけます

このブログの更新お知らせメール登録は

LINE@をお友達登録いただくと

・お誕生月に使える割引クーポン
・クーポンをゲットできるポイントカード

のお得なサービスや
毎月のスピリチュアルメッセージ、
ヒーリングルーム中今のお知らせを受け取れます♪

セッションやWSのご予約もLINEでOK♪
ぜひお友達になってくださいね^^

友だち追加
上のボタンクリックでうまくいかない場合や
パソコンでご覧くださっている場合は
LINEでID「@pzs2490m」を検索してみてください^^

日本の神さまや神社の情報発信もしています☆
 
posted by Mariko at 22:26| Comment(0) | 自分自身を生きるヒント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: