2019年03月26日

「当初の期待をはるかに超えた学びを得ることができました」


空.jpg

こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に

・アカシックリーダー
・スピリチュアルセラピスト
・自分のあり方ナビゲーター

として活動しておりまして、
(スカイプやズームでのセッションや
 全国への出張も承っております^^)

特に、

「自分自身を見つめること(自己認識)」
「在り方(ありかた)」

へのサポートが大好きです♪


さて、今回は、

スピリチュアルな叡智の視点からの
自分自身を深く知る「自己認識」と
現実化をさまたげる「葛藤の解放」によって
「自分本来の可能性を最大限いかして生きる」
ための

気づき塾 基礎コース 全7回

を修了された方のご感想をご紹介します。


※許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。


-------


変容へのステップを一段階ずつ上がっている、という実感ができて良かった

(30代女性)

Q1
「気づき塾 基礎コース」に申し込んだときは
どんなお気持ちでしたか?

申し込みをしたものの、
どのような自分になりたいかと聞かれても、
一体どのような自分を目指せばいいのだろうかと
何も分からない状態で、
そんな自分がどのように変容していくのかが
全く想像できませんでした。


Q2
「気づき塾 基礎コース」を受け始めた頃の自分に
メッセージを伝えられるとしたらどんなことを伝えたいですか?

期待していいよ!
想像以上に効果のある学びと、
その後何回も「受講して良かった〜」と思うから。


Q3
「気づき塾 基礎コース」の期間は
ご自身にとってどんな体験でしたか?

気づき塾で「なるほど〜」という内容を学んで、
日常生活では
「あっ!これがあの時に学んだことか〜!」と、
学びと経験が繋がり腑に落ちるという事を経験した時間でした。


Q4
「気づき塾 基礎コース」の受講を通じて
得られたことや変わったこと、
自分にとってよかったことはありますか?
ある場合、それはどんなことでしょうか?

自分を大事に思うようになったこと。

自分を大事にすることは自分を甘やかすことでダメなことだと思っていたのですが、ダメだと思っていた自分もまるごと受け止めて大事にすることで、
今までは批判的になっていた人の行動に対しても、善悪を超えた理解ができるようになった。


Q5
「気づき塾 基礎コース」を受ける前に比べて
人間関係や日常生活の質や状況で
変わったと感じるところはありますか?
感じる場合はどんなふうに変わりましたか?

今までは、人に何か言われたりするとそのことを100パーセント真に受けてずっと気にしていたりもしたが、

気づき塾の学びによって、適度な距離をもって人の意見を聞いたり、真に受けてネガティブな気持ちになる自分を客観的に分析して学びに変えることができるようになり、

これまでは「嫌な出来事」で終わっていたことが、「自分を知るための学びの出来事」に変わるようになった。


Q6
「気づき塾 基礎コース」を受ける前は
どんなことに悩んだり困ったりしていましたか?
ここまで受けてみてそれはどうなりましたか?
また、もし受けていなければ、
どうなっていたと思いますか?

スピリチュアルの本や自己啓発的な本を読んで「気づき・変容」ということがどういうことかを知っても、いざ日常になるとどうすればよいのか分からず、いつも行動までには繋がらず本を読んで終わってしまうことが多かったのですが、

気づき塾ではテキスト的な学びと瞑想や呼吸法などからのアプローチの両方があったので、変容のためのステップを一段ずつ上がっている、という実感ができて良かった。

もし受講していなければ、「変わりたい」という思いと「結局自分は変われないんだ」という気持ちを行ったり来たりしていたと思う。


Q7
気づき塾 基礎コースで知ったり学んだりしたことで、
今後も活用できること・活用していきたいことはありますか?
ある場合、それはどんなことでしょうか?

日常生活を送っていると、いつの間にか目の前の生活だけに必死になって視野が狭くなり、本来の自分を見失いがちになるのですが、

気づき塾で学んだ瞑想法や呼吸法、自分を省察する日記を書いていると自然と広い視野になって本来の自分に繋がっているという意識が戻っていくので、今後の生活でも続けたいと思います。


Q8
「気づき塾 基礎コース」を受ける前に比べて
「気づき」や「自分を見つめる」ことへの
イメージに変化はありますか?
今、「気づき」や「自分を見つめる」ことや
「変容」のために大切なことは何だと感じていますか?

受講する前は、気づきや変容することに対して肩の力が入って構えていたのですが、本来は肩の力を抜いて本来の自分に戻ることだったのだと思いました。

変容のために大切なことは、「行動すること」だと思います。

以前は変われないことに色々な理由を探して、変われるか変われないかには大きな差があると思っていたのですが、結局は行動しなければ何も変わらないという事に気づきました。

行動と言っても、旅に出るとか会社を起こすとか大きいことではなく、例え毎日20分の瞑想であっても、それをするかしないかで結果は大きく変わります。

「変わらないこと」を選ぶ誘惑は巧みに近づいてきます(笑)。

今までは、「変われない」のではなく「変わらないこと」を選び続けた結果だったのだと気づくことが来ました。


Q9
気づき塾 基礎コースを他の方にススメルとしたら、
どんな点がオススメでしょうか?
また、どんな人に向いていると感じますか?

オススメなのは、
漠然としていた「変容」を実現するための一つ一つのステップが用意されていること。

少人数なので実際の自分の体験をケーススタディーとして解説してもらえるので分かりやすく、自分が思い詰めていたことなども秋野さんの解説とユーモアによって救われる(笑)。

向いているのは、
変わりたいけど何をしてどう変わればよいか分からない人。

今のままの自分でも特に不満はないけど、今の自分に対してワクワクする気持ちもない人。

変化を苦手だと思っている人、気づきや変わるって怖いことだと思っている人。

メルヘン的発想でいつかは自分は変われる〜と思っているけどいつもどこか不安な気持ちをもっている人。地に足がつく内容なので、本当の自分を知ってリアルな一歩を踏み出せます。

これまでスピリチュアルや自己啓発の本をたくさん読んで納得したけど、それ以上先に進めない人。


Q10
その他、気づき塾 基礎コースを受講や期間中の体験や、
これからの自分や生き方について、
思うことがあれば自由にお書きください。

一年間本当にお世話になりありがとうございました。

秋野さんが忍耐を持って教え続けてくださったおかげで、当初の期待をはるかに超えた学びを得ることができました。

まだまだ、これまでの自分に引っ張られたり、学んだことが行動に繋がるまでに時差があるのですが、これからも続けて行動していきたいと思います。

ありがとうございました。



-------


〇〇さん。
このコースをご一緒させていただけたこと、
こちらこそ本当にありがとうございました!

ご自身に深く向き合う大切な時間を
ご一緒させていただけたこと、
とても光栄で感慨深いです。

期間中にはさまざまな出来事もありましたが
一つひとつに真摯に向き合われて今があること
本当によかったです。

たくさんの気づきや変容があったことが
ご感想の文章だけからも読み取れ
私もあらためて感激しています。

善悪を超えた理解があると実感し、
できるようになったこと。

変われなかったのではなく、
変わらないことを選択してきたのだということ。

人にとって、
大きな叡智の視点からの
自分自身が作りあげてきたのだという気づきが
変容の鍵であることを書いてくれていること、
とてもうれしく読みました。

そして、私のユーモアを受け入れくださり
ありがとうございます、笑!

これからも調子に乗りすぎない程度に
笑いを取り入れていきたいと思います(笑)


このたびは本当にありがとうございました!

これからもお互いに
自分自身の気づきの道を楽しく歩いてまいりましょう♪

陰ながら応援しております^^



▼自分自身を生きるための
「気づき塾 基礎コース」の詳細はコチラ

無料説明会もあります、ぜひご活用ください。

▼こちらから他のご感想をご覧いただけます



お一人おひとりにあわせた
具体的なアドバイスやサポートを
個人セッションやスピリチュアル勉強会で
お届けしています、お気軽にご活用ください♪

初めての方やメニューを迷う方には、まずは
アカシックリーディング」がオススメです。
(スピリチュアルカウンセリングとしてのご利用もOK)

深い自己認識により自分の本質に目覚め
「自分のあり方」を変容させる

Webサイトでほかのメニューもご覧いただけます

このブログの更新お知らせメール登録は

LINE@をお友達登録いただくと

・お誕生月に使える割引クーポン
・クーポンをゲットできるポイントカード

のお得なサービスや
毎月のスピリチュアルメッセージ、
ヒーリングルーム中今のお知らせを受け取れます♪

セッションやWSのご予約もLINEでOK♪
ぜひお友達になってくださいね^^

友だち追加
上のボタンクリックでうまくいかない場合や
パソコンでご覧くださっている場合は
LINEでID「@pzs2490m」を検索してみてください^^

日本の神さまや神社の情報発信もしています☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: