2019年06月30日

『自分をありのままに受け入れて大事にできるようになった』

女性.jpg


こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に

・アカシックリーダー
・スピリチュアルセラピスト
・自分のあり方ナビゲーター

として活動しておりまして、
(スカイプやZoomでのセッションや
 全国への出張も承っております^^)

特に、

「自分自身を見つめること(自己認識)」
「在り方(ありかた)」

へのサポートが大好きです♪


さて、今回は、

スピリチュアルな叡智の視点からの
自分自身を深く知る「自己認識」と
現実化をさまたげる「葛藤の解放」によって
「自分本来の可能性を最大限いかして生きる」
ための

気づき塾 基礎コース 全7回

を修了されて2〜3ヵ月経過された方のご感想をご紹介します。

気づき塾での体験は
修了後にどんなふうに作用しているか?
のあたりも含めてお話しをうかがいました。

※許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。


-------


もしこの学びがないままの人生だったら、常に「正否」を考えながら生きていくことになり、何をしても「不足」を感じていたのではないかと思います。

(30代女性)

Q1
気づき塾 基礎コースを受ける前や
受けはじめた頃に比べて
自分自身が変わったと感じるところはありますか?
感じる場合はどんなふうに変わりましたか?

イライラしたり、落ち込んだり・・・の感情を持つことに対して、それを「悪いこと」と思わなくてよいと気づけたこと。

今までは自分が感じているストレスや疲れを理解することなくいつの間にかエネルギー切れしていたのですが、

今は「自分は今疲れてるのだ」ということが分かるようになり、その自分に対してダメだと思うのではなく、ありのままを受け入れて大事にできるようになった。


Q2
気づき塾 基礎コースを受ける前に比べて
人間関係や日常生活の質や状況で変わったと
感じるところはありますか?
感じる場合はどんなふうに変わりましたか?

以前は相手にどう思われるかを気にしていたのですが、自分も相手をジャッジしているように、相手も自分をジャッジしているだけであって、自分に対する評価が確かな判断ではなく相手の葛藤によるものである時もあると気づきました。

そのことで、相手の言動などを真に受けすぎないようになり、肩の力を抜いて相手と接することができるようになりました。


Q3
気づき塾 基礎コースを受ける前は
どんなことに悩んだり困ったりしていましたか?
ここまで受けてみて、それはどうなりましたか?
また、もし受けていなければどうなっていると感じますか?

自分の生き方などに関して、今のままで良いのかなと漠然と思っていたり、変化のないことに焦りを感じることがありました。

しかし、大前提としては、変化の「ある人生」でも「ない人生」でも、どちらを選んでも良いという事を学べたことが大きかったです。

なぜなら、それまでの自分は「こうしたい」ではなく「こうしなければいけない」という発想から選択をしていたと思います。

もしこの学びがないままの人生だったら、常に「正否」を考えながら生きていくことになり、何をしても「不足」を感じていたのではないかと思います。

今の自分を肯定した上で、変化することにチャレンジしたいと思えるようになったことが大きいと思います。

そして、そのチャレンジに対して「面白そうだな〜」と思っている自分にも驚きます(笑)。


Q4
気づき塾 基礎コースの最終回の後、
新しく気づいたことや変化はありますか?
自分のこと、周りのこと、なんでもかまいません。

思っていたよりも自分は自分のことを知らないんだなということに気づきました。

自分がどう思っているかどうしたいかよりも、どうあらねばいけないかという事の方を大切にしていた結果だと思います。

気づき塾で学ぶ内に自分の中に少し隙間ができて、自分のことを客観的に見えるようになりました。


Q5
気づき塾 基礎コースで知ったり学んだりしたことで、
今も活用できること・活用していることはありますか?
ある場合、それはどんなことでしょうか?

省察日記を書くこと。

書くことが苦手な自分にとっては、日記を書くことはハードルが高く、書ける時と書けない時がありました。

始めは書けない自分をダメだと思っていたのですが、どちらでも良いのだと自分を許しました。

その上で気づいたことは、書いた方が自分にとって良い感じがするということでした。

意外にも自分が気づいていない想いが書くことで表面に出てきたり、無意識でも毎日色々考えているようで、そのことを頭の中でため込んでいるよりも、書いて出した方が意識がクリアになる気がします。


Q6
気づき塾 基礎コースを受ける前に頃に比べて
「気づき」や「自分を見つめる」ことへの
イメージに変化はありますか?
今、「気づき」や「自分を見つめる」こと、「変容」のために大切なことは何だと感じていますか?

以前は、成長は苦行の末に得られるものだと思っていましたが、「楽しい」の中でもそれが可能であることを知ったことは大きかったです。

変容のためには実際に行動することが大切だと実感しました。些細な事でも行動することで何かが変わり、反対に行動しないことは悪いことではなく、今までのままが続くだけだということに気づきました。

どれだけ良い瞑想法などを学んでも自分がしなければ何も変わらないということ。その上で、何もせず「変わらない」という選択肢も自分には自由にえらべるということに気づきました。


Q7
気づき塾 基礎コースを受講して一番よかったと感じることはどんなことですか?

仕事や人間関係などでの「嫌だな」と思う体験をしたときに、感情だけで反応する自分に対して、少し距離を取って観察することができるようになったこと。

また、そのことで「嫌だな」と思う体験が嫌でなくなりつつあること。


Q8
気づき塾 基礎コースを他の方にススメルとしたら、どんな点がオススメでしょうか。
また、どんな人に向いていると感じますか?

少人数なので、テキスト的に概念を学びつつも日常生活での体験なども相談しながら解説していただけるので、学んだことを実生活に生かせること。

いつも同じ悩みに遭遇するなど、グルグル回っている人。

自分のことが好きになれない人。


Q9
現在、気づき塾 アカシックコースを受講されていますが
気づき塾 基礎コースがアカシックコースに役立っていると感じることはありますか?
ある場合はどんなことでしょうか?

アカシックコースでいわゆる「不思議な能力」を練習するときに、自分にはできないのではないかという思いが出てくるのですが、

基礎コースで自分の思い癖などを学んでいるので、自分の意識が邪魔をしているのだなと客観的に捉えることができること。


Q10
その他、気づき塾 基礎コースを受講や期間中の体験や、
これからの自分や生き方について、
思うことがあれば自由にお書きください。

以前は変わるためにはその体験にどっぷり浸かって身体中で体験して学ばないといけないと思っていたのですが、最近は自分の感情などを客観的にみたり、周りの状況を少し引いて観たりしても良いのだと学び、気持ちが楽になりました。

そして、意識、考え方、捉え方などで不自由な思いをしている自分に気づいたおかげで、本当は生きるということはもっと楽しいことで自由なのかもしれないと気づけたことが大きかったです。


-------



詳しくお話しを聞かせてくださり
ありがとうございます!

自分を深く知っていくためのコツをつかんで
しっかりと日常のなかで実践を続けられ。

アカシックコースでもグングン吸収されていて
そのご様子は基礎コースで培った力が
花開いている印象でもあり。

コースをお伝えしている私もとてもうれしいです^^

今の自分をありのままに受け入れ肯定するからこそ
変わることもできる。

本当に、人生って、楽しく自由なんですよね。

そのところ、お互い、これからも、
ワクワク探究してまいりましょう〜♪

ご縁を本当にありがとうございます、そして、
これからもどうぞよろしくお願いいたします^^



▼自分自身を生きるための
「気づき塾 基礎コース」の詳細はコチラ

無料説明会もあります、ぜひご活用ください。

▼こちらから他のご感想をご覧いただけます



お一人おひとりにあわせた
具体的なアドバイスやサポートを
個人セッションやスピリチュアル勉強会で
お届けしています、お気軽にご活用ください♪

初めての方やメニューを迷う方には、まずは
アカシックリーディング」がオススメです。
(スピリチュアルカウンセリングとしてのご利用もOK)

深い自己認識により自分の本質に目覚め
「自分のあり方」を変容させる

Webサイトでほかのメニューもご覧いただけます

このブログの更新お知らせメール登録は

LINE@をお友達登録いただくと

・お誕生月に使える割引クーポン
・クーポンをゲットできるポイントカード

のお得なサービスや
毎月のスピリチュアルメッセージ、
ヒーリングルーム中今のお知らせを受け取れます♪

セッションやWSのご予約もLINEでOK♪
ぜひお友達になってくださいね^^

友だち追加
上のボタンクリックでうまくいかない場合や
パソコンでご覧くださっている場合は
LINEでID「@pzs2490m」を検索してみてください^^

日本の神さまや神社の情報発信もしています☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: