2017年09月24日

『お母さんの安心子育て −佐々木正美先生といっしょ』

こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

以前ご紹介した『子どもの気持ちがわかると子育ては、もっと楽しい』の著者・佐々木正美さんの別の本を読んでみました!

ありがたいことに、佐々木正美さん、とてもたくさんの本を出されているんですよね^^ そのなかからどれにしようかな〜?と迷って手にとってのがコチラ。


いや〜、とてもよかったです*^^*

発達心理学に基づいて書かれていて、
この時期にはここを押さえることが大切、
ということがとても分かりやすいです。

表面的なテクニックではなく、
何をどう押さえればいいのか?
本質的なところが書かれているので、
自分の状況にあわせて応用しやすいと感じました。

月齢や年齢にあわせて、

・赤ちゃんは、お母さんとの信頼関係を通じて、自分自身への信頼(自信)をつくっていけること、

・衝動をコントロールすることは、未来への信頼があってこそできることで、それには自分自身の信頼、ひいてはお母さんとの信頼関係が土台となること、

・お母さんと喜びを分かち合えている実感から、やがて悲しみも分かち合える心を育て、思いやりを育てること、それが大きくなってからの人との交わりの土台となること、

・喜びや悲しみの感情が育たないといらだちや怒りの感情が強くなり人との共感的な関係づくりが難しくなること、

・子ども同士の遊びが社会人になるための大切な年齢であること、

などをはじめ、たくさんの大切なことが、優しい語り口で書かれています。

乳幼児から小学生くらいまでが主な対象年齢と思いますが、より年齢が高い子どもでも(場合によっては大人でも)、幼い頃に満たされていない部分があればその時点の課題に戻って対応する必要が出てきますので、実際にはかなり広い年齢層の子どもの育て方に役立つと思います。


クライアントさんからの子育てについてのご相談を受けるなかでよく感じることの一つに、

「どんな方針で子育てをすればいいのかよく分からない」

ということがあります。

クライアントさん自身は直面している問題の解決策を知りたい気持ちでいっばい、でもお話しをうかがってみると方針はなく、状況の把握も混乱。結果、表面的な対応を試してみて、やっぱりダメ・・・といった循環にも陥りやすい。

でも、これは、ある意味自然なこととも思えます。
ほとんどの方が、子育ての方法を学んだことがないと思います。
そして、ほとんどの方が、自分自身が受けてきた養育に、意識的にせよ無意識的にせよ、なんらかのわだかまりを持っています。(つまり、自分自身が育てられた方法を使うとうまくいかない部分も出てくる、ということ。)

だから、そもそも方針が分からない。
なんとなくあるようでも、確信はない。

そんななかで、とにかく子どもにいうことをきかせなくては、結果を出さなくては、とぶっつけ本番のライブ子育てに臨むのは、やはり簡単なことではないです。


子育て真っ只中のお母さんにとっては本を読む時間を確保することもなかなか簡単ではないと思いますが、

そんななかで時間をやりくりして読む一冊のなかにぜひ加えてほしい本だ・・・!と感じました。

ピンときた方はぜひ一度ご覧になってみてください^^


また、少し変わった読み方として・・・
自分自身の自己認識や癒しにも役立つ本と感じました^^

スピリチュアルセッションにこられる方の悩みの根源を探っていくと、
テーマが仕事であれ、人間関係であれ、なんであれ、その奥には
「自分に自信がない」
「自己肯定感が少ない」
「自己承認ができない・わからない」
といった感覚の存在があることが非常に多いです。

そして、なぜそうなのか?をより深く探っていくと、
やはり、幼少期の養育者との関係性にたどり着くことが非常に多いです。

なぜなら、それが人間の深層心理の仕組みだからです。
顕在意識での記憶が「ウチは虐待はなかった」「普通に幸せだった」などとなっていても、0〜5才までの幼い頃の心に満たされない部分があればそのことは潜在意識に刻まれて私たちの日常に影響を及ぼす仕組みになっているのです。

ただ、ですね^^;
こうしたことをセッションでお伝えしたとき、

多くの人にとっては潜在意識の思いは自覚がないものですし(だって「潜在」意識ですから。それも自然なことです^^)、
薄々そうかもしれないと感じる人にとっても具体的にはつかみどころがなく感じられたり(やはり「潜在」意識ですから^^)、
また、なんといってもデリケートな部分なので無意識の抵抗も湧きやすく、

なかなか短時間で腑に落としたり解消したりすることは簡単ではありません。(ある意味、幼少期を生き直すようなことでもありますから^^)
そうしたデリケートで深いところに触れていくときに、まずはこうした本を読むことも助けになりうるのではないかな、と感じました。

私自身も読みながら気づきがあったり癒されたりした一冊でした^^




▼幼少期を含めた深い自己認識・・・
各種個人セッションや気づき塾基礎コースでお手伝いしています。
詳しくは下にリンクしているWebサイトでご覧いただけます^^

 
「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています


個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ♪

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪

posted by Mariko at 22:22| Comment(0) | 本(その他)

2017年09月18日

『エックハルト・トールの「子育て」の魔法』

こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

今回の記事は ”スピリチュアルな子育て本” のご紹介です♪

”スピリチュアルな子育て本” って我ながら不思議な表現ですが^w^、なんと、監修が、精神世界のベストセラー作家 エックハルト・トールさんなのです!

エックハルトさんの存在は以前から知っていて本も何冊か読んだことがあったのですが、子育て本を監修していることはついこの間知って驚いて、これは読みたい〜!とひらめき

エックハルトさんが使う言葉や概念は、私が本格的にスピリチュアルな叡智を学んだ体系であるノウイングとは、異なる面がありますが、異なるその奥にはやはり共通した深い真理があるな〜、刺激やインスピレーションを受け取れるな〜、と感じています。

そういえば、「今にある」 ことがどういうことかを 「あぁ、そうか・・・!」 とはじめて意識的にとらえることができたのもエックハルトさんの本を読んでいたときのことだったな〜と懐かしく思い出します^^


と、ここまでは前書きで^o^;
今回の本題はコチラ♪

 



実際に書いているのはスーザン・スティフェルマンさん。
実際に子どもさんを持つ母親であり、経験豊富なセラピストでもあり、スピリチュアルにも馴染まれているご様子の、アメリカ人女性です。

後書きなどを読むかぎりでは、スーザンさんが著述したものに、実際にエックハルトさんも目を通したりアドバイスをしたりなどされたようです。(名前だけの監修、ということではなさそうです^o^;)


読んでみて、いい内容だと感じました。

子育てそのものについて書かれているのはもちろんのこと、子育てを通じて自分を見つめたり解放したりできるという視点でも書き込まれていて、その点が新鮮だし貴重だと感じました。

スピリチュアルに生きたい・自己への認識を深めより本質的な自分を生きたい、と思っている方にとって、子育て全般に参考になる内容だと思います。
親自身が自分の感情を感じることの大切さについてもページが割かれていたり、最終章では親子でできるワークが掲載されていたりと、スピリチュアルな自己認識を生きることと子育てとを統合してくれる視点がいいなと思います。

ところでちょこっと余談になりますが^^
こんなことを書いている私ですが、実は、出産も子育ても経験はありません。
後でそう知ったときに 「経験ない人のオススメなんて・・・」 と騙された気分になる方がいたらいけないのでw、一応、書いておきますね(笑)

で、じゃあなんで個人的な経験も必要もないのに子育て本を読んだりオススメしたりしているのか?といいますと、


ひとつには、クライアントさんにオススメできるいい本がないかな〜、と探しています。

セッションで子育てのご質問やご相談をいただいたとき、本質的な回答自体は、リーディングをするとシンプルに分かりお伝えできることが多いのですが、クライアントさん自身がその答えを日常生活に落としこんでいくには応用力や知恵が必要になることもまた、多いです。

そんなときにちょうどいい本をご紹介できればお役に立つこともあるかな〜、ということがメインの理由ですひらめき

そして、そのメインの理由で読み始めてみると、

もうひとつ、自分自身を含め、人間という存在について、またその深い心理や意識について、より多角的な視点を持てるな、という理由も生まれてきました。
 
セッションなど仕事で、過去のトラウマやインナーチャイルドの癒し、自己認識による気づきや解放を扱っていますので、やはりそのヘン−人間の意識の本質についてはとても関心が深いところで、スピリチュアルな叡智という視点からはすでに学び体験し深めてきたわけですが、

そこを子育ての視点から伝えてくれている本に何冊か出会い、とても興味深く、もっと読んでみたい、と感じるようになったのです。


そんなわけで、実経験とは異なる形での実感があったりもし、こんなふうにご紹介もしている次第です^^

今回はこの一冊でしたが、また近いうちに別の本もご紹介しますね♪


あと、自分自身の自己認識や癒しになることも多々あります。
子育て本を読むことで、幼少期の記憶が鮮やかによみがえってきて、感情を解放できたり、認識をリセットできたり、などなど。
子育てしていない方が読むのにもオススメかもしれません。
特に、すでに自己認識に取り組まれている方には響きやすいのではないかな〜と思います^^


では、最後に参考に、本文から少しの抜粋と、目次とを、掲載しておきますね、ピンときた方はぜひ本を読んでみてください♪


「私たちが子どもに望むことができること、望むべきことはたくさんありますが、そのどれよりも大切なことが一つあります。それは、自分が生まれながらに愛されていて幸せになるのにふさわしい存在であり、これから出会うよいものをすべて吸収できるとわかっていることです。親は自分がそう思えるように育てなければなりません。」

「子どもが望む形で寄り添えないときに、子どもをできるだけ傷つけないようにするには、とにかく子どもの失望感を認めることが大事なのです。」

「私たちの心の中には絶えず幸せの川が流れていて、私たちはいつでもそこに足を踏み入れることができます。本当の幸せとは、生きているという奇跡を楽しむことにあるのです。」

「自分を責めないで!少しずつ変えていけばいいのです」

<目次>
第一章 私たちは最高の先生と暮らしている
第二章 子育てしながらあなたも成長する
第三章 子育ての理想像は捨てよう
第四章 子育てではなく、大人育て
第五章 「自分を愛し、自分を知る」手本となる
第六章 健全なコミュニケーションがつながりを強める
第七章 自分で言ったとおりに実行する
第八章 共感を育み、自分の弱さを知り、思いやりを深める
第九章 ストレスに立ち向う子どもの力になる
第十章 幸せは心が決める
実践編 さあ、あなたも踏み出そう





 
「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています


個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ♪

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪

posted by Mariko at 19:10| Comment(0) | 本(その他)

2017年08月06日

『子どもの気持ちがわかると子育ては、もっと楽しい』

こんにちは^^
ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。

今日は久しぶりに本の紹介で、子育ての本をとりあげてみます♪

スピリチュアルなセッションを提供している私がなぜ子育ての本を紹介するのか?
それは・・・

セッションで子育てのご質問やご相談をいただくことがよくあります。
本質的な回答自体は、リーディングをするとシンプルに分かりお伝えできることが多いです。

ただ、その答えを日常生活に落としこんでいくには応用力や知恵が必要になることもまた、多いです。
そして、そのあたりが、得意だったり工夫したりで自然にできることもありますが、なかなか難しいな〜と感じたり試行錯誤が続いたりすることもまた多いです。

それはそうですよね、だってみんな、子育ての方法を教わらずにしてるんですよ、それは悩んでも自然ですよね。
それに、子供の個性も家庭の状況もそれぞれに異なりますから、本当に応用力が試されるところですし。

そのあたりのサポートの一つになればな・・・と思ってのご紹介です^^



著者の佐々木正美さんは1935年生まれの児童精神科医の男性で、一般向けにも発達障害向けにも子育ての本をたくさん出されています。

長年活躍されて評判も高い方と耳にしたのがキッカケで今回ご紹介している一冊を読んでみました。


・・・と、書くためにお名前でネット検索して初めて知ったのですが、なんと今年6月に亡くなられていたのですね、存じ上げませんでした。ご冥福をお祈りいたします。
残してくださった著作をはじめとしたご尽力に感謝いたします。


私がこの一冊読んで、みなさんにご紹介しよう、と思ったのは、私の子供の頃の気持ちがたくさん書かれていたからです。
まさにこんなふうな気持ちでいたな、もしあの頃にこれを分かってくれる大人が周りにいたらどんなにうれしかっただろう、ということのオンパレードだったからです。

<divそして、テーマごとに大人へのアドバイスも書かれていて、あぁ、確かにこうしてほしかった、と思う内容だったからです
(大人へのアドバイスは、お母さん向け・園や学校で働く人向け、に分けて書かれています。)

読みながら、この本が役立つお母さんに紹介したいなと思いつつ、自分自身のインナーチャイルドが癒されていく面もありました(笑)

つまり、万人に向いているかは分かりませんが、実感として確かにそうだな〜と思うところが多々あっての紹介です^^


(なお、時々、「昔の家庭や社会はこうではなかった・・・」的な記述がありましたが、うーん、この点については、そうかもなと思うものもあれば、個人差があるんじゃないかなと思うものあり、といったふうに個人的には感じました。)


<上の画像や書名のリンクから(Amazonへのリンクです)目次なレビューをご覧いただけますので、チェックしてみて気になる方はぜひご覧になってみてください。

佐々木正美さんはとてもたくさんの著作がおありですので、この本以外にピンとくるものがあればそれもいいかと思います。

ブログが残されていますので、こちらもご参考にリンクしておきますね。


必要な方に届けば幸いです*^^*



「ヒーリングルーム中今」の秋野真理子です♪
スピリチュアルな叡智や視点に基づき
真に「自分らしく生きる」お手伝いをしています


個人セッションやワークショップなどの情報は ⇒ Webサイトへ♪

このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

日本の神さまや神社についての情報発信もしています ⇒ もう1つのブログへ♪

posted by Mariko at 23:12| Comment(0) | 本(その他)